電子タバコとは? - 電子タバコとリキッド比較口コミ通販紹介所

大容量バッテリーでロングライフを実現した大人気の『eGo』に大容量のカトマイザー『CE2R4』(E2カトマイザー)を加えたスターターセット(CE2 VERSION)が登場!




電子タバコとは?

▼電子タバコとは

電子タバコは、電力により煙を発生させる喫煙器具。

主に節煙、禁煙を目的として本物の煙草の代替として多く用いられています。

電子タバコは、火を使わないため、灰や吸い殻が発生しないことはもとより、タールと一酸化炭素も発生せず周囲の人へ副流煙の影響も少ないところにも人気があります。

これまで自分の家でありながらベランダ等で蛍族の状態だった人が電子タバコであれば部屋の中での喫煙を奥様から許可されたというケースを多く耳にします。

壁紙の汚れや火事の心配が少ないという点もメリットとして大きいです。


▼電子タバコの構造

構造的には、バッテリーによりアトマイザー(噴霧器)に通電し、カートリッジに注入するリキッド(液体)を噴霧化するという構造です。

バッテリー + アトマイザー(噴霧器) + カートリッジ という構成の3ピースタイプ

バッテリー + カトマイザー(アトマイザーとカートリッジが一体となったもの) という構成の2ピースタイプ

という基本構成があります。

パイプ型やキセル型など変り種の機種についても基本はこの構造です。


3ピ−スの機種は、TOKYOスモーカーやスーパーシガレット、e Health-Cigaretteなどがあげられます。

2ピースの機種は、TaEco Standard GIGAやDTターボ、コンビニで販売されているトップランドの電子タバコなどがあげられます。


・アトマイザーを用いる3ピース構造の場合

カートリッジは再利用せず使い捨てるケースが多いのですが、アトマイザーは洗浄などメンテナンスを施して寿命を延ばした使い方をされているユーザーが多いです。

消耗品ではありますが寿命を伸ばすことによりコストが抑えられます。


・カトマイザーを用いる2ピース構造の場合

比較的カトマイザーは安価なものですので、洗浄などのメンテナンスはせず、だめになったら使い捨てるというユーザーが多いです。


アトマイザーは、リキッドのチャージが手軽に行なえますが、比較的頻繁にチャージする必要があります。

カトマイザーは、リキッドのチャージがシリマーを用いたりと多少手がかかりますが、最近では大容量の物も多くリキッドチャージの機会が少なくなります。
車を多く利用するライフスタイルのユーザーに人気があります。



▼電子タバコのリキッド


リキッドは、ニコチンを含む液体を使用することで、本物のタバコと同様な喉越し(キック)が味わえ

電子タバコから完全禁煙に繋がっているユーザーも多いです。

ただし、ニコチン入りのリキッドに関しては日本国内での販売は禁止されており、海外から個人輸入するしか現在のところ術がありません。

輸入先は、主に中国となっており国産はありません。

このニコチン入りリキッドの個人輸入の量に関しても「1ヵ月に個人で消費する分のみ」という量であり明確な数字はありません。

また、個人輸入したニコチン入りのリキッドは、譲渡や売買は禁止されています。


当サイトでは、ニコチン入りの電子タバコリキッドはご紹介しておりませんので、ニコチン入りのリキッドのお話しはこの辺りで割愛させていただきますが

ニコチンの入っていないリキッドに関しては日本国内製造の物も多く、安心感や日本人の味覚にあったリキッドも多いです。

中には、コエンザイムQ10やビタミンC等を含む健康美容指向のリキッドもあります。


味もコーヒーやチョコ、バニラ、イチゴやバナナなどのフルーツ系、メンソールやミントの清涼系、コーラやドクターペッパー等のジュース系などまだまだ多くの種類があります。

多くの種類がありますので、自分に合ったリキッドに巡りあえるまでが大変です。

電子タバコのユーザー達は、このリキッドの選択にかなり頭を悩ませています。

ですが、自分にあったリキッドに巡りあえて常用が始まれば、節煙や禁煙へ加速していくことでしょう。

ちなみに、タバコ味というリキッドも多くありますが、実際の煙草の味とはかけ離れた味の物が多いですので期待はしない方がいいでしょう。

リキッドの主成分は、グリセリンであり味は甘くなる傾向にあります。


▼電子タバコ海外流通機種

TOKYOスモーカーやTaEco、e Health-Cigaretteなど「国内流通機種」と呼ばれる電子タバコから入門し海外流通機種へと移行される方が多いです。

特に人気の機種は、eGoや510などがあげられます。

国内流通機種と比べますと

・大容量

・壊れにくい

・パーツが豊富で自分にあったカスタマイズができる

・安い

という点に人気が集まっています。

特に「安い」という点は、国内流通品と比べ半額以下で購入できます。

部品単体での販売もされており、消耗品の買い足しには経済的です。

部品も豊富ですので、アトマイザーでの3ピース運用やカトマイザーでの2ピース運用などその場にあった使い方もできます。

こちらも多くの使い方や部品がある分、カスタマイズに頭を悩ませるユーザーが多いです。

ですが、国内流通品からかこの海外流通品と呼ばれる機種に移行されたユーザーはその性能に驚くことでしょう。

eGoや510など優れた海外流通品は、まだまだ認知度が低く、ここに辿りつけない方もおられるかと思います。

この優れた海外流通機種なども踏まえ、当サイトでは電子タバコをご紹介してまいります。
FX会社の選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。